長原日記

2022年7月の記事一覧

7/21 自衛隊水泳教室

夏休みが始まりました。

早速、自衛隊水泳教室が始まりました。希望者が参加しました。

教えてくださる先生は、海上自衛隊徳島教育航空群の3名のみなさまが来てくださいました。

子ども達の目標はそれぞれで、長い距離を泳ぎたい、速く泳げるようになりたい、息継ぎができるようになりたいなどの目標に合わせて、練習をしてくださいました。

2時間あまりの内容の濃い練習でした。休憩時間を適切にとりながら、安全に配慮して実施しました。

楽しくていねいに指導してくださったので、子ども達の泳力が、着実に向上しました。

ありがとうございました。

 

7/20 第1学期終業式

1学期の終業式をしました。

元気にがんばることができた1学期でした。

新型コロナウイルスと熱中症の心配がある夏休みです。健康に気を付けて、意味のある夏休みを過ごすことができるよう願っています。

長原っ子のみなさん、がんばってね。

7/19 SOSミニレター啓発集会

夏休み前に、松茂町人権擁護委員の3名のみなさまが来校し、「SOSミニレター」について説明してくださり、困ったことがあれば相談することができるんだよとお話をしてくださいました。

子ども達に、人権擁護委員のみなさんのように、みんなのことを心配してくださっている人がたくさんいることや、困ったことがあれば、必ず誰かに相談しましょうというお話もしました。

説明の後で、楽しい手品ショーをしてくださいました。次から次へと繰り出される手品の数々に、子ども達はそのたびに「ワー」と感嘆の声をあげていました。

松茂町人権擁護委員のみなさま、本当にありがとうございました。

7/15 盛りだくさんの一日でした

7月15日は、朝からいろいろな学習が目白押しでした。

⚪7月の思い出を考えよう

朝の活動は、校長先生と7月の思い出をホームページの記事を参考にして思い出し、発表しました。来週火曜日の国語のお勉強で、さらに表現できるようにしていきます。

⚪今年最後の水泳学習

今年最後の体育の時間の水泳学習がありました。泳力の伸びを確かめる検定もしました。練習をがんばった成果を見ることができ、良かったなあと思いました。夏休み(7月中)には、自衛隊水泳教室と水泳指導の時間があるので、練習をがんばりましょうね。

⚪5年生宿泊学習発表会

6月にあった、5年生の宿泊学習の発表会がありました。写真を使って説明したり、楽しいクイズにしてみんなに考えてもらったり、2日間の活動の様子を紹介することができました。3年生のみんなが、興味を持って聞いていました。

⚪食育指導

給食センターの栄養士の先生が、夏休み中の食生活について、ご指導くださいました。

「早寝・早起き・朝ご飯」「ジュースの飲み過ぎに気をつけよう」(砂糖の取り過ぎ)「牛乳を飲んでカルシウム摂取」

こういったことを守って、長い夏休みを元気に乗り切ってほしいと思います。

⚪防災公衆電話教室

公衆電話協会の方を講師に招き、公衆電話で、110番や119番をかける練習や、災害用伝言ダイヤル171の使い方の練習をしました。本物の公衆電話を使い、練習用の電話回線につないで練習することができました。スマホや携帯電話が使えないときにでも、公衆電話があれば連絡を取ることができます。今回の勉強をよく覚えておいてほしいと思います。

たくさんの学習ができた一日でした。ありがとうございました。

7/13 STEAM教育授業(ロボットをつくろう)

STEAM教育授業です。

今回は、ヴィリング 中村さんとユカイ工学株式会社の青木さんを講師としてお招きしました。

今回の学習から、「ロボットコンテスト」に挑戦することを目標に、学習を始めました。

主な材料は、ストロー状の紙製の筒と、モーターです。

まず、モータを接続し、それぞれくふうして組み合わせた筒を動かすことに取り組みました。

初めての取り組みでしたが、中村さんと青木さんが、詳しくていねいに教えてくださいました。

2学期は、さらに進めていき、様々なロボットが製作されることを期待しています。

※ユカイ工学株式会社の「甘噛みハムハム」とてもかわいかったです。

  

 

 

7/11 朝会

朝会で詩の音読をみんなでしました。

今回、音読したのは、大木実さんの「初夏」という詩です。

校長先生の夏の思い出(母親とさやエンドウのすじ取り)も、お話しました。

もうすぐ「夏休み」、すてきな思い出ができたらいいなあと思います。

その音読の後に、7月14日に行われる、「松茂町非行防止決起大会」で、長原小学校代表で作文発表する児童の作文を、みんなで聞きました。しっかりとした考えを、堂々と発表することができました。当日も、緊張しないでがんばってほしいと思います。

7/8 海岸清掃

海岸清掃を行いました。熱中症対策として、出発する前に、水分補給をしっかりしてから行きました。

今回は、台風の後の清掃で、以前よりも大型のゴミが増えていました。

特に、プラスチック片(マイクロプラスチック)が、波打ち際に多く見られ、こんなにもたくさんの細かいプラスチックが海を漂っていることに、改めて気付かされました。深刻な問題です。

子ども達と、みんなでその状況を確認しました。

(子どもの感想です)

「海岸せいそうで、こんなゴミを見つけました。海岸は、ゴミ箱ではありません。ゴミを捨てたらダメ!」

 

きれいな海の中に、たくさんのゴミが漂っていること。このことについて、もっと知りたい、勉強したいと感じました。

外部人材の活用

長原小学校では、6月より「学びサポーター」「ICT支援員」のお二人が、週1回の割合で勤務してくださっています。

「学びサポーター」の先生は、担任の補助や個別指導をしてくださっています。ていねいにしてくださるので、ありがたい存在です。

「ICT支援員」の先生は、文字通りICT(タブレット)を活用した授業の、タブレットの使用についてご指導くださったり、機器の補修などを行ったりしてくださいます。担任だけではできないこともできるようになり、学習が円滑に進むようになっています。

7/7 今日は七夕

今日は七夕です。

玄関には、七夕の笹飾りや表示を準備し、七夕を感じることができるようにしました。みんな、いろいろなことを願い事に書いています。

笹は、地域の方が毎年準備してくださっています。ありがとうございます。

七夕の笹だけでなく、カブトムシたちも夏真っ盛りです。

昨年度も寄贈してくださった、吉野川市の中西さんが今年もたくさんカブトムシの幼虫を寄贈してくださいました。その幼虫が成長し、元気に動き回っています。子ども達も、一生懸命お世話をしています。

いろいろな夏を迎えて、なんだかワクワクしています。

 

7/6 水泳学習

不審者対応避難訓練で、大緊張した後は、楽しい水泳学習でした。

気温・水温、湿度も夏真っ盛りで、プールの水に入るのも、気持ちよく入ることができるようになりました。

二つの班に分かれて、泳力を鍛えています。

ポイントは、リラックスして身体をしっかり伸ばすことと、楽に息継ぎができるようになることのようです。

みんな、しっかり練習してくださいね。

7/6 不審者対応避難訓練

不審者対応の避難訓練をしました。

長原小学校は、職員数が少ないので、不審者に気付くことが遅れる可能性があります。そういう状況の中で、子ども達と教職員自身の命を守るためにどのように対応すればよいか、徳島板野警察署の担当の方と事前に打ち合わせをしたり、参考のDVDを見て職員研修をしたりと、できる限りの準備をして訓練をしました。

訓練では、不審者が侵入し、二階に上がろうとするところで気付き、階段と廊下で防ぐようになりました。

通報の後、6分程度で警察官が駆けつけてくださり、不審者を取り押さえました。

短い時間でしたが、対応する教職員は、真剣に取り組んでおり、非常に緊迫した状況でした。

十分でないところも、今回の訓練で分かってきましたので、さらに改善していく必要があります。

訓練の後で、徳島板野警察署の方から不審者に出会ったときに行動について、「いかのおすし」で大事なことを教えていただきました。

また、警察官の方から「水の事故に絶対あわないように気をつけてくださいね。」と、子ども達の安全を守りたいというお気持ちが伝わってくるお言葉をいただきました。

子ども達と教職員が、命の大切を考える時間となりました。本当にありがとうございました。

7/1 長原っ子STEAM学び隊(ドローン編)

今回のSTEAM学び隊の学習は、前回に引き続き、ドローンをプログラミングで飛ばす学習です。

新たなチャレンジとして、7台のドローンで編隊飛行をしてみようということに取り組みました。

室内用のドローンであるために、暑い中ではありましたが、体育館で行いました。

熱中症にならないように、定期的な水分・塩分補給や扇風機の使用や換気、冷えピタで体温を下げながら、十分気を付けて取り組みました。

何度か調整しながら、なんとか、編隊飛行?のような形となりました。子ども達がよく頑張りました。

指導してくださった先生方、ありがとうございました。

 

 

長原小学校の環境教育

長原小学校は、地域の環境の特徴を活かして、伝統的に環境教育を充実させてきました。

これまでにも、「新 学校版環境ISO」校として認定され、継続した環境教育と活動を行ってきました。

今年度より、新たにSDGsの観点を追加した環境教育の充実を目指した「DXスクール」として認定されました。

さらに、令和4年度「スーパーとくしまGXスクール」指定校事業に取り組み、1年間研究を行うことになり、取組を開始しています。

本事業は、脱炭素社会の実現に向け、「持続可能な社会の創り手」を育成するため、環境負荷の低減や自然との共生に継続的に取り組む「とくしまGXスクール」の中から「スーパーとくしまGXスクール」として指定し、大学等と連携しながらSDGsの学習を先進的に取り組み、児童生徒一人一人の意識改革と行動変容を促すための新たな環境学習プログラムを開発し、その成果を他の学校に広く普及するというものです。

子ども達と教職員が、自分事として取り組み、自分ができることを見出し、実践できるように活動しています。

以前、徳島新聞に、長原漁港の清掃活動の様子が掲載されました。

今回は、松茂町の広報に、海岸清掃の活動の様子などが紹介されました。

 

6/29 楽焼き完成

 6月1日(水)に、1回目の作業を行っていました。2回目の今日は、色つけの作業です。

朝から、大変暑くなりましたが、大型扇風機を設置して活動をしました。

どんな色をつけようかと考え、ていねいに色をつけていました。

できあがった作品を玄関に展示し、みんなで鑑賞しています。

6/29 苗植え

6月29日(水)、朝の活動で、苗植えを行いました。

ペチュニアとマリーゴールドの2種類を植えました。

苗が入っているポットから取り出し、少し根をほぐして植えていきます。

ていねいに大事にしている様子を感じました。

みんなで、大切に育てていきましょう。

6/29 フラワーアレンジメントにチャレンジ

6月29日(水)、クラブ活動で、フラワーアレンジメントに挑戦しました。

講師として、松茂町「フラワーショップハラダ」さんをお招きして、ご指導をお願いしました。短時間で手際よくご指導をしていただいたおかげで、子ども達は、楽しくお花を生けることができました。

完成したお花を早速家に持って帰りました。お家のみなさんの評判も良く、「きれいにできたね」とほめてもらったり、お家の方にプレゼントして、「ありがとう」と言ってもらったりしたようです。

私たちがお花を見たりもらったりするとき、「幸せホルモン」と呼ばれるものが分泌され、ストレスが和らぎ幸福感を得られ、モチベーションがアップするなどの効果があると言われています。

子ども達も、花を生けているとき、とてもいい顔をしていました。

ご指導くださった、「フラワーショップハラダ」さん、ありがとうございました。

 

6/28 食育指導

6月28日(火)に、給食センターの栄養士の先生が、給食指導をしてくださいました。

今回は、食事の道具として、「おはし」の使い方のお話でした。いろいろなマナーのお話もしてくださいました。

食べるということは、生きるための欠かせない行いです。今回学んだことで、毎日おいしく楽しくいただきたいと思います。

ご指導ありがとうございました。