新着
8月1日(月)は全校登校日でした。久しぶりに子ども達の元気な顔がそろいました。 全校朝会はZOOMで行いました。板野郡水泳記録会の表彰のあと、校長先生から水の事故についてのお話がありました。 新型コロナウイルス感染症に熱中症、水の事故と注意をしなければいけないことはたくさんありますが、元気に楽しい夏休みを過ごしてほしいです。
 7月19日,ライオンズクラブのみなさんに『ぶんぶんゴマ』の作り方や遊び方を教えていただきました。毎年教えていただく機会があり,子どもたちは「今度は何を作るんかな?」と,この日が来るのをとても楽しみに待っていました。タコ糸を引っ張った後,力を抜くことがやや難しそうでしたが,何度も黙々とチャレンジするうちに,全員が上手に回せるようになりました。「ブンブンって音がなるけん『ぶんぶんゴマ』って付いたんやな!」「糸が巻き付いたら,指が痛くなるな!」など,たくさんの気づきがある,ステキな時間となりました。ライオンズクラブのみなさん,ありがとうございました。     
7月20日(水)に、1学期の終業式が行われました。校長先生からは、2学期には183人全員が元気に登校できるようにとお願いしました。生徒指導担当や体育担当の先生からは命を大切にすることや、夏休みのプールに来る時の注意点などを伝えました。児童のみなさん、すばらしい夏休みを過ごしてください。    
7月13日(水)に高志小学校4年生とMeetで交流しました。 高志小学校14名との交流を心待ちにしていた子供たちでした。 最初に自己紹介をした後,都道府県クイズで盛り上がりました。3択クイズは,結構,難しかったです。 クイズの後は,各校からの質問タイムとなりました。 好きなスポーツや給食のメニュー,タイピングのスキル等について, 様々な質問が飛び交いました。 40分余りの短い時間でしたが,大いに楽しみました。 各校からの感想では,「楽しかった。」「修学旅行で会いましょう。」 「中学校で友達になろう。」といった素敵な意見が出てきました。 高志小学校の4年生のみなさん,ありがとうございました。 また2学期に交流をお願いしますね。   「さようなら…。」
 7月11日,栄養教諭の西野さんをお招きし,食育の授業を行いました。日々の給食の様子を見ていると苦手な野菜の入ったおかずを,ちょっぴりに減らす子が多く,また事前のアンケートでも,半数以上の子が「嫌いな野菜がある」と答えていました。西野さんのお話の中で「お腹の掃除をする」「病気から体を守る」「体の調子をよくする」という三つの野菜の働きを知り,子どもたちは「まずは,一口食べてみる!」「お肉と一緒にかむ!」など,一人一人が自分のめあてを考え,毎日の食事で実践する姿が見られるようになりました。『継続は力なり』,体調を整えて,暑い夏を乗り切ろうね。     
7月6日(水)に盲導犬ユーザーの鶴野克子さんにお越しいただき,視覚障害や盲導犬についてお話をしていただきました。 最初に,「盲導犬ディア君」とのふれ合いタイムがありました。ハーネスを外したディア君は,お仕事中ではないため,子供たちと大いに楽しんでくれていました。 「うわぁー,めちゃくちゃかわいい。」 「ひとなつっこいなぁ。」  みんな大喜びでした。       鶴野さんのお話の中には,盲導犬ユーザーとして,私たちへの「さ・し・す・せ・そのお願い」がありました。 さわらないでね。しずかにしてね。すっとよけてね。 せきはゆずってね。そっとみまもってね。 それぞれのお願いの理由をわかりやすく説明してくださり,子供たちはその約束を守っていこうと意欲を高めていました。         お話の最後に,〇×クイズをしていただきました。 盲導犬について,そして私たちが守らなければならないことなどの問題があり,いろいろなことを知ることができました。  11問ありました。  全問正解は難しかったです。     本当に楽しく大切なことを学ぶことができた時間でした。...
 5月から毎日お世話をしてきた7種類の野菜たち。6月8日のピーマンの初収穫に始まり,たくさん収穫できるようになり,子どもたちは,毎朝楽しみに学級園に向かって行きます。ミニトマトは,「わき芽摘み」が大切なこと,ナスには「痛いトゲがある」から気をつけること,枝豆は,「毛がびっしり生える」ことなど,子どもたちの観察眼は素晴らしく,発見の連続です。また「昨日,ピーマンの炒め物食べて,美味しかったよ!」という感想が日記や朝の会でのスピーチで聞かれるようになりました。      
6月24日(金)、放課後、教職員を対象に板野西部消防署の方をお招きし、心肺蘇生法講習会を行いました。実際に使われないのが望ましいですが、水の事故が懸念される時期です。AEDの使い方、人工呼吸の方法をていねいに教えていただきました。
 6月21日,学校の北側の町たんけんに出かけました。野菜苗のお世話をしてくださった『コメリ』では,たんけんの計画を立てる段階で「丈夫な野菜の苗に替えてくれたことのお礼が言いたい!」という意見が出て,みんなでお礼を考えていました。当日はリーダーが代表して大きな声で挨拶をすることができました。『コインランドリートマト』では,大きな乾燥機がフル稼働している様子を見ることができました。     
6月15日に4年生が,久保 修さんをお迎えし,人権学習を行いました。 「心のバリアフリー」というタイトルで,障がいやいじめについてお話をしていただきました。 にこやかに楽しいギャグも交えながら,たっぷり2時間お話をしてくださいました。 休憩時間には,久保さんと子どもたちで,久保さんの大好きな球団の話で盛り上がりました。子どもたちは,フレンドリーな久保さんとすぐに仲良くなれていました。 久保さんの持ち物は,大好きな球団のグッズでいっぱいでした。 久保さんからの3つの約束・・・ 「自分や友達のよいところを見つけよう」 「自分も友達も大切にしよう」 「親からもらった命を大切にしよう」 子どもたちは,毎日の生活を振り返り,これからこの3つの約束を守っていこうとみんなで話し合いました。 久保 修さん,ありがとうございました。また10月に来校してくださるのを楽しみにしています。    
6月10日(金)に、ライオンズクラブの人たちに教わりながら、こまを作りました。色を塗ってカラフルなこまが出来上がりました。回ったらとてもきれいで何回も何回も回している子どもたちでした。来年も楽しみです。
 6月7日,学校の南側の町たんけんに出かけました。駐在所→阿波銀行→まつたに→写真館→郵便局→天山歯科→ゴミ収集ステーション→松島タクシーを訪れました。質問に答えていただいたり,案内していただいたりしました。初めて知ることも多く,子どもたちは目を輝かせていました。     
6月9日(木)、不審者侵入を想定した防犯避難訓練が行われました。不審者侵入の知らせを受けた後、暗号を流し、各学年ですばやく体育館に集合することができました。
6月25日(水)、27日(金)、7月1日(水)、2日(木)の4日間で3年生が校区を探検しました。松島小学校の周辺しか探検していませんが、自分の通学路以外の校区の様子を自分の目で確かめることができ、大変勉強になりました。      
6月1日(水)に、歯科保健指導が3・4・5・6年生で行われました。徳島県歯科医師会の皆さんが毎年指導に来てくださっています。1・2年生は11月に行われる予定です。小学生から歯の大切さを実感してほしいと思います。   
5月30日(月),530(ごみゼロ)運動の一環として,クリーンデーを実施しました。校舎内だけですが,各学年で,ごみを拾ったり,草を取ったりしました。
5月26日(木),徳島板野警察署,鍛冶屋原駐在所,上板町企画防災課,交通安全指導員の先生を迎え,3年生を対象に交通安全教室が行われました。体育館で自転車に乗ったときの確認方法や注意をすべき場所等のDVDを視聴したあと,運動場で実際に自転車に乗り練習をしました。 「右確認,左確認,右後ろ確認」を実践し,安全にご家庭でも乗れるようよろしくお願いします。
5月17日(火)に、地震の避難訓練を行いました。南海トラフ地震はいつ起こるかもしれません。松島小学校は、海から遠いとはいっても、何が起こるかわかりません。また、南海トラフ地震以外の地震が起こる可能性もあります。次の地震避難訓練は、休み時間に行うかもしれません。   
5月13日(金)に、1年生の子どもたちが体力テストをしました。1年生にとって、体力テストはとても難しい動きです。そのため、6年生の先輩たちが、お手本を見せてくれたり、一人一人に教えてくれたりしました。先輩たちのおかげで、うまくできましたね。   
5月10日(火)から、今年度の「わくわくはあと」の皆さんによる「読み聞かせ」がスタートしました。昨年度は、中止になることが多かったので、子どもたちは今年の読み聞かせを楽しみにしていました。「わくわくはあと」の皆さん、今年度もよろしくお願いいたします。 なお、「わくわくはあと」の皆さんと一緒に、学校や幼稚園での読み聞かせをやってみよう、と思う方がいらっしゃたら、学校までご連絡ください。  
 5月11日,一年生に松島小学校を案内する『学校たんけん』を開きました。8つの班に分かれ,それぞれに担当する一年生に地図を作ったり,案内順や話す内容を考えたりしました。階段の昇降では,速度を合わせて歩いたり,司会やルール説明では,分かりやすい言葉で話すなど,一人一人がじっくり考え取り組む姿に,二年生に進級した喜びが溢れていました。           
 5月10日,学級園に,ナス・キュウリ・枝豆・しし唐・ピーマン・オクラの苗を植え,お世話を始めました。また,アサガオやチューリップを育ててきた自分の植木鉢に,ミニトマトの苗も植えました。大きく元気に育ってね!  
5月11日(水)に、1年生が学校探検をしました。1年生を探検に連れていくのは2年生です。2年生の先輩たちは、しっかり準備をしていたので、いろんな部屋の説明をしながら、学校中を案内できました。1年生を連れていく2年生、2年生についていく1年生、どちらもかわいかったです。   
4月28日(木)に、参観授業を行いました。PTA総会は、書面決議にしましたが、参観授業は各学年分散で開催しました。新年度1回目の参観日ということで、子どもたちからは緊張感ややる気が感じられました。 お忙しい中、参加してくださった保護者のみなさま、ありがとうございました。  
4月25日(月)に、ZOOM朝会を行いました。児童会の児童が司会して、会議室から全学級の教室に配信しました。各教室では、校長先生のお話や、児童会からの連絡を熱心に聞いていました。   
4月18日(月)から、1年生の給食が始まりました。6年生のお兄さんやお姉さんに助けてもらいながら、小学校で初めての給食を食べました。自分たちで準備すると余計においしく感じますね。      
4月11日(月), 29名の新入生を迎え,入学式が行われました。 残念ながら,在校生はオンラインで各教室で見る形となりましたが,新入生は行儀よく式を終えることができ,6年生代表による在校生歓迎の言葉に対し,元気よく新入生誓いのことばも言うことができました。早く学校になれるといいですね。
4月8日(金), 着任式と始業式が行われました。 今年度は4人の先生と校務員の先生,計5人の先生をお迎えしました。 コロナ対応のためリモートで行われましたが,子どもたちの関心はやはり担任紹介でした。 保護者の皆様、今年度一年間,よろしくお願いします。
1月31日(月)に,オンライン朝会を行いました。校長先生のお話しを各学級の教室で聞きました。今年度は,体育館に全児童が集まっての集会は中止にしています。始業式や終業式を分散開催にしたり,朝会を放送で行ったりしながら集会を行っていましたが,これからはオンライン朝会も行っていきたいと思います。  
12月5日(日)は、参観日(人権学習)でした。今年度初めての参観日ということもあり、子どもたちはうれしいような照れくさいような面持ちで授業を受けていました。 分散開催で行いましたので、参観の保護者の皆さまには大変ご迷惑をおかけしましたが、多数の保護者の皆さまに足を運んでいただき、本当にありがとうございました。 当日は、古紙回収も行ったところ、保護者だけでなく多数の地域の皆さまにもご協力をいただき、多くの古紙が集まりました。お世話にしてくださった役員の皆さま、古紙を持ち込んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。     
11月18日(木)に、上板ライオンズクラブの皆さまに来ていただき、1・3年生がおもちゃ作りを行いました。1年生は厚紙を使ったこま作りを、3年生は本物の竹を使った竹ぽっくりを作りました。うまく作れずにこまっている時もありましたが、ライオンズクラブの皆さまに助けてもらいながらおもちゃを作り上げ楽しく遊ぶことができました。 上板ライオンズクラブの皆さま、来年もよろしくお願いします。       
11月12日(金)に、上板ライオンズクラブの皆さまに来ていただき、3年生が「昔の暮らし」を教えてもらったり、「昔の遊び」を体験したりしました。昔の暮らしを聞いて、今との違いにびっくりしていました。また、お手玉やけん玉などの遊びでは、すぐにはうまくできませんでしたが、少しずつうまくできるようになると、夢中になって遊んでいました。 上板ライオンズクラブの皆さま、楽しい時間をありがとうございました。     
11月9日(火)に、上板ライオンズクラブの皆さまに来ていただき、5年生がおもちゃ作りを行いました。何枚もの折り紙を立体的に組み立てることはとても難しかったようですが、できあがった自分の作品を見て感動していました。 上板ライオンズクラブの皆さま、楽しい時間をありがとうございました。     
11月9日に大湾 昇さんをお迎えし,6年生が人権学習を行いました。「いじめ」と「部落問題」についてお話をしていただきました。「無知が差別や偏見をうむ」「いじめは,時に人の命をも奪ってしまう」「自分の命もまわりの人の命も大事にしよう」といった大切なお話をわかりやすくしていただきました。 これからの人権学習の学びを深めるためのよい学習になりました。 
11月9日(火)に、上板町の人権擁護委員の皆さん、上板町役場住民人権課の皆さんが「人権の花」を持ってきてくださいました。いただいた「パンジー」が冬の松島小学校を暖かい雰囲気にしてくれると思います。 上板町人権擁護委員の皆さん、上板町役場住民人権課の皆さん、本当にありがとうございました。大切に育てます。     
11月5日(金)に、シェイクアウト訓練(緊急地震速報訓練)を行いました。運動場に全校で避難することはしませんでしたが、教室で授業をしている学級は机の下に隠れたり、運動場で体育をしている学級は姿勢を低くしたりして、強い揺れに備えました。      
11月5日(菌)に、徳島県歯科衛生士会のお二人に来ていただき、1・2年生に歯科保健指導してもらいました。教えていただいたことを忘れないようにしっかり歯みがきをしてほしいと思います。 歯科衛生士会の皆さま、本当にありがとうございました   
11月3日(水)に、秋季大運動会を開催しました。31日(日)が天候が悪かったため、3日(水)に延期させていただき、関係の皆さまには大変ご迷惑をおかけしました。 当日は、見事な晴天になり、子どもたちものびのびと元気よく運動ができました。コロナ禍ということもあり、制限された運動会でしたが、子どもたちの心に残る運動会になったのではないかと思います。      
10月14日(木)、15日(金)に、上板ライオンズクラブの皆さまに来ていただき、おもちゃ作りを行いました。4年生が折り紙、2年生がぶんぶんこまをそれぞれ作りました。子どもたちにとって、自分の手をしっかり使ってものを作る昔の遊びは、とても新鮮でおもしろく感じたようでした。 上板ライオンズクラブの皆さま、楽しい時間をありがとうございました。   
10月13日(水)に、あいぽーと徳島より人権啓発推進員の久保修さんに来ていただき、「共に生きる」をテーマにお話していただきました。 障がいがあっても、 ①感じることはみんなと同じであること。 ②不便ではあるが不幸ではないこと。 などを教えていただきました。久保さんの3つの願いである 「自他のよいところをみつける・まわりの人を大切に・命を大切に」は これから日々の生活のめあてにしていきます。 普段から、自分や友達のいいところを見つけていけるといいですね。