お知らせ

冬季休業中における感染拡大防止対策について

現在,県内の新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は落ち着きをみせているところですが,世界保健機構(WHO)が最も警戒レベルが高い「懸念される変異株」に指定した「オミクロン株」が国内でも相次いで確認されており,今後の感染拡大が懸念されております。
また,冬季は気温の低下による換気不足や,年末年始の人流の増加等により,感染リスクは一層高まります。
つきましては,これまでも感染拡大防止について,繰り返しお願いしているところですが,改めて,以下の点について徹底していただきますようお願いします。
・マスクを適切に着用すること。
・こまめな換気をおこなうこと。
・手洗い,手指消毒を徹底すること。
・「3つの密」「大声」を避けること。
・健康観察を徹底し,発熱等新型コロナウイルス感染症が疑われる症状
が見られる場合については,登校しないこと。
・県をまたぐ移動は,基本的な感染防止対策をしておこなうこと。